施術の内容

心に寄り添うケアにも、とり組んでいます



 まず問診からはじめます

ご本人が感じておられる不調について、しっかりとお話をお聞きします。


 うつ伏せになっていただき背骨のねじれをチェックします

カイロプラクティックは、背骨のねじれから内臓の不調をよみ取ります。
背骨には、内臓の情報だけでなく、さまざまなサインが現れます。
人間の体はとても神秘的です!☆彡


 ねじれの原因の確認作業にはいります
 
オーリングテストをご存知でしょうか?
手の指を使って、相手の潜在意識と対話する方法です。
集中力が必要ですが、できる人は多いと思います。
わたしは指ではなく、患者さんの両足で行います。
仰向けに寝てもらい、患者さんの両足を介して潜在意識と対話します。

たとえば…
背骨に肝臓のサインがでていたら、どう悪いのかをたずねます。
血流がわるい? 疲れて弱っている? 怒ってコーフンしている?
問いかけに対し、潜在意識は答えを返してきます。
両足の長さがそろえばYES、ちがえばNO、と設定しています。
悪さの原因がわかれば処置にうつります。

アルコールの飲み過ぎや、過労で弱っているだけなら、エネルギー(気)をチャージすればもとに戻ります。
血流のわるい所があれば、とどこおっている箇所に処置をし、肝臓まで届くようにします。
怒りすぎると肝臓がコーフンしてめまいを起こすことがあります。
その場合は、経絡(つぼ)を使ってコーフンを鎮めます。

原因に対して正しい処置ができると、背骨のねじれは消えます。
症状も徐々に治まってきます。

ねじれを一つずつ消していく作業をくり返します。
すべての処置が完了すれば背骨はまっすぐになります。
(一度の施術ですべて完了するわけではありません)


背骨のねじれがすべて消えたとしても、心の問題が残ることがあります。
心が弱ってしまって、体に症状として現れることはとても多いです。
心に寄り添うケアにも、とり組んでいます。
 

 

 

 
 
Home当院の概要アクセスお問い合わせ